Close

BATZUETAN

作曲者:Javier Busto

作曲者より

今私たちが生きる現代において、「希望」(時には―Batzuetan) は、行き来するものだと考えます。
「希望/ Esperantza」は見つけるのが難しいときもあるし、何よりも保つのが難しい (しかしこれこそが希望なのです) 。
しばしば、「自然」は、私を原点に立ち返らせ、信じるということ、もう一度希望を持つことを教えてくれます。すべてが終わってしまったというように思ってしまう局面でも、それはまた、何回もサイクルが始まる出発点だということを教えてくれる存在なのです。
音楽は詩に直接合わせてあり、理解しやすいようにしています。この作品は、私の COVID-19 のパンデミックでの体験にインスパイアされた、いくつかの特徴的なパートで構成されています。冒頭の女声と男声の交唱的なパートは、悲しみを孕み、このようなひどい状況を克服しようとする人々のエネルギーを映し出す、よりリズミカルなパートへと進みます。玄関から見える白い花の情景は、私をホ長調音階へと導きましたが、これは、冬から夏へ、悲しみから祝福に満ちた未来への希望を表します。曲は非常にリズミカルなパートで終わり、未来への希望を再確認させます。
最後のボディ・パーカッションは、人類が自ら招いた惨害を悔い改める様子を表します。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

クリア

説明

作曲者: Javier Busto
作詞者: Josune López Zubeldia
声部: SATB
伴奏: アカペラ
言語: バスク語
演奏時間: 5’50”
ページ数: 12