Close

お知らせ

2020年8月の新刊

8月は3冊の新しい楽譜を販売開始いたします!

 

相澤直人作曲による「あしたこそ」が ICOT Choral Selection に加わりました。合唱の楽しさを存分に味わって頂ける作品です。スペインのFrancisco Carbonellによる「Corde Natus」は2017年の第3回日本国際合唱作曲コンクール 第3位受賞作品です。今回の出版のためにより良いものにして頂きました。そして、松下耕作曲の「Hinageshino Hanabirano Yóni」です。フランスのミクロコスモス室内合唱団のために書かれた日本語の曲です。参考動画をぜひぜひご視聴頂きたいと思います。

 

皆さまのお力添えにより2か月連続で新譜を出版できたこと感謝いたします。引き続きEdition ICOTをよろしくお願いいたします!


あしたこそ

Corde Natus

Hinageshino Hanabirano Yóni

2020年7月の新刊

Edition ICOTの立ち上げから一か月たち、このたび新しく3冊の楽譜を第2陣として販売開始させて頂きます!

 

ハンガリーのGyörgy Orbánによる女声合唱曲 「HYMNUS」、フィリピンのJohn August Pamintuanによる「Ama Namen」の男声編曲版、そして松下耕作曲による「ちいさなこどものための合唱曲 ともだちはたからもの」です。

 

新型コロナでまだ元通りとはいきませんが、少しずつ歌える環境が戻ってきたところもあるようです。皆様のラインアップに加えて頂けると幸いです。


HYMNUS

Ama Namen

ともだちはたからもの

Edition ICOT 発刊のごあいさつ

この度、一般社団法人東京国際合唱機構では、新たな事業として出版事業を開始しました。

当面は、合唱の楽譜を、ピース楽譜に限って順次出版してまいります。出版の形態としては、徹底したスピーディーなオンデマンド出版および、デジタル出版、つまりダウンロード販売も展開してまいります。

弊機構の出版でとりあげる作品についてですが、私自身の作曲によるもので、これまでに出版に至らなかった作品や、以前限定出版されていたもの、新作の小品などをご案内するとともに、国内外の優秀な作曲家の合唱作品も精力的にご紹介してまいります。

 

これまで、弊機構は、日本と世界の合唱音楽振興のため、三つのイベントの企画運営を軸に活動を続けてまいりましたが、今後は、出版事業にも力を注いでまいります。

誠に微力ながら、出版の分野におきましても、合唱界に心許りの貢献ができればと思っております。

皆様、日本の新しい合唱楽譜のブランド、Edition ICOTを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

代表理事・作曲家  松下耕