Close

Ave Regina caelorum

作曲者: Manolo Da Rold

 

作曲者より

Ave Regina caelorumは、過去と現在をつなぐ架け橋です。

この曲は、グレゴリオ聖歌の旋律の音楽的価値を増幅させることによって得られた定旋律の対位法として構成されており、定旋律を持つ声部はバスですが、しばしばグレゴリオ聖歌の断片が他の声部にも現れます。和声構造は、非常に現代的な和声を用いたコンテンポラリーなものですが、何よりも非常に緊張感のあるリズム構造を持っています。

私の望みは、ルネサンス初期にイタリアやヨーロッパで広まった伝統的な作曲スタイルを今風にすることでした。
これは、キリスト教徒が時課(訳者注:時を定めて行われる日々の祈り) の最後の祈りである「晩堂課」の間に神の母に捧げる挨拶であり、祝祭的な提案をしようとしています。

この曲は、私の親愛なるスロベニア人の友人、アンブロジュ・チョピと彼の素晴らしい合唱団に捧げられています。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: Manolo Da Rold
声部: SATB
伴奏: アカペラ
言語: ラテン語
演奏時間: 4’00”
ページ数: 8