Close

Regina caeli

作曲者: Ivo Antognini

 

Pietro Ferrario (初演合唱団指揮者)より

このイヴォ・アントニーニの新作は、レジーナ・チェリのテキストに根ざした独特の雰囲気を持っている。この聖歌にしばしば見受けられる大袈裟で劇的な設定はないが、一貫した慎重な動きの中で、驚嘆し光り輝くような、さらには親密な高揚感が生まれている。

イ短調の冒頭はテナーとベースによるオスティナートの上に築かれ、わずかな差異を持って何度か戻ってくる。リズムと和声が対照的に散りばめられており、紛れもなくこのスイスの作曲家の個性を生み出している。

そして、挿話的だが簡単にそれと分かるグレゴリオ交唱の冒頭数語(インキピット)が登場し、最後に凱旋的でまばゆいばかりのコーダに至る。

この曲を、私の合唱団カルカンサス・ヴォーカル・アンサンブルで初演できたことを、私たちは深く感謝し、誇りに思っている。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: Ivo Antognini
声部: SSATB
伴奏: アカペラ
言語: ラテン語
演奏時間: 3’50”
ページ数: 16

参考動画

◆演奏情報◆

Ivo Antognini: Regina Caeli (2020) for SSATBB mixed choir.
“to my friend Pietro Ferrario and to Ensemble vocale Calycanthus”
– virtual choir world première –
Ensemble vocale Calycanthus
dir. Pietro Ferrario

Recorded November, 2020