Close

白いまち Finlandia-hymni

作曲者: 松下耕
作詩者: V.A.Koskenniemi (フィンランド語) / 松下耕 (日本語)

 

作曲者より

2001年の冬、私は、私の合唱団とともにフィンランドを訪れていた。ヘルシンキから北へ270kmほどのところにある、ユバスキュラ (Jyväskylä)という街に滞在し、ユバスキュラ大学で講演をしたり、合唱団のコンサートをしたりした。街はもちろん、あたり一面雪に覆われ、極寒の中にあったが、出会った人々はとても温かく、明るく、私たちを歓迎してくれたのであった。

寒さの中で出会った、人々の温かさは、心の奥底に染みた。涙が出るほど嬉しく、人と人の出逢いに感謝した私は、帰りのバスの中で、フィンランド人が第2の国歌のように愛し続けている、シベリウスの“フィンランディア”に合わせて歌うための、現地の人々への感謝の思いをうたったもう一つのパート、『白いまち』を作った。つまり、2群の合唱による作品となったのである。

歌唱形態は、私と共に彼の地を訪れた合唱団が女声合唱団だったので、女声合唱曲とし、この作品は、後に『合唱のためのエチュード』の中の1曲として発表されたが、2017年の新版発行の際、この曲は残念ながらラインアップから外れてしまった。しかし、2021年に新規開館する、浜松市のSALA音楽ホールの柿落としに、この曲を演奏していただけることになり、こうして再出版の運びとなった。関係各位に、心より感謝と御礼を申し上げる次第である。

うたは、単なる「音」ではない。人と人を結びつける、歓びと幸福の形である。

これからも、地球上が「うた」で結ばれ続けていきますように。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: 松下耕
作詩者: フィンランド語:V.A.Koskenniemi / 日本語:松下耕
声部: SSA+SSAA
伴奏: アカペラ
言語: 日本語/フィンランド語
演奏時間:
ページ数: 8