Close

朝ゆえに

作曲者: 松下 耕

 

作曲者より

この曲は、シンガポールの指揮者リム・アイフーイLim Ai Hooi氏および南洋理工大学Nanyang Technological University 合唱団のために2006年に作曲したものである。2021年暮れに改訂版が完成した。

テキストとしたのは、谷川俊太郎の同名の詩で、3連から成るものである。曲も、詩の内容に寄り添う形で進行する。

ここに、この曲の構成、ドラマの展開を記す。

【Introduction】どこか異次元の世界から呼び覚まされるような、女声のD音の保続に、鮮烈なTempo rubatoのソロのVocaliseが響く。ピュアでビビッドな朝の到来。

【第1部】詩の第1連をうたう。清々しい空気の中で、自分と繋がる瞬間(しゅんかん)。内なる声を聞き、無垢な心と出会う。静かな瞑想に包まれている。

【Interlude 1】ソリスト二人の掛け合いは、まるで森(合唱が奏でる5度の重層[G,D,A])を飛び遊ぶ鳥のようだ。自由で、優雅な世界。

【第2部】第1部と同様の世界を表現しているが、サウンド的には第1部と対の構造になっている。緊張感と神秘性の世界。

【Interlude 2】IntroductionおよびInterlude 1と似ているが、ここでは合唱が三和音を豊かに響かせている。つまり、合唱はユニゾン〜完全5度〜三和音と成長してゆくのだ。

【第3部】ここから『うた』がはじまる。優しく、おおらかで、感動的な『うた』である。

【Ending】ここで奏されるSoloのメロディーはことさら印象的だ。ソリストのみによる部分があるからである。世界は静寂に戻っていくが、私たちの心の中は希望で膨らみ、世界へ(宇宙へ)と向いている。

 

 

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: 松下耕
作詩者:谷川俊太郎
声部: SATB+2 Soprano Soloists
伴奏: アカペラ
言語: 日本語
演奏時間: 6’10”
ページ数: 16