Close

瑠璃色の空の下で −江川坦庵のバラード− (女声)

作曲者: 松下耕
作詩者: 古川薫

 

作曲者より

この曲は、第24回国民文化祭しずおか2009 合唱の祭典のために書いた曲である。合唱の祭典が伊豆の国市で行われたため、当地ゆかりの偉人をうたった曲を作曲することとなった。この曲の主人公、江川太郎左衛門英龍(坦庵)は、幕末に伊豆韮山代官として様々な活躍をした英雄である。大きな活躍としては、2015年に世界遺産に登録された「韮山反射炉」を建造したのを筆頭に、江戸湾防御のための、品川台場(現在のお台場)を建造したのも坦庵だったのである。また、パンを兵糧や備蓄食料に採用した旗本としても、後世に「パン祖」として名を残すことになった。

伊豆が産んだ、当代随一の教養人であり先覚者、江川坦庵の人物像を、幕末に詳しい直木賞作家・故古川薫氏が実に見事に、そして端的な詩に表現してくださった。そのドラマチックな表現は見事である。そしてその詩をテキストに、私はやはり劇的で、楽しい音楽に仕上げた。

非常にわかりやすく、どなたにも楽しめる娯楽作品となっている。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: 松下耕
作詩者: 古川薫
声部: SSA
伴奏: ピアノ
言語: 日本語
演奏時間: 5’10”
ページ数: 20

参考動画

◆演奏情報◆
あい混声合唱団
2014.3.9 第4回江川坦庵合唱コンクール課題曲
指揮:相澤直人
ピアノ:福崎由香