Close

四智梵語 - Anima Christi

作曲者:松下 耕

作曲者より

この曲は、第36回国民文化祭・わかやま2021関連事業である、高野山国際こどもコーラスフェスティバルの合同演奏のために作曲したものである。

高野山の真言宗声明のうち、唱えられる機会が最も多いとされる、金剛界の大日如来を讃美する『四智梵語』と、イエズス会の創立者、聖イグナチオが著した『霊操』の冒頭に引用され広まったとされる『Anima Christi(キリストの魂)』が同時に歌われる。

この曲に繰り広げられる、仏教とキリスト教の融合は、根底で信仰の証としての奉仕と愛を説く二者の、共通の普遍性の融合であり、教理を超越した、我々人類が根本的に持つ、肌感覚での愛の共有、分かち合いの営みの世界である。国際こどもコーラスフェスティバルではこの曲が高野山金剛峯寺壇上伽藍、根本大塔前で初演されるが、高野山の静謐な木々の中に、子ども達の愛が満ちた平和の祈りが染み渡ってゆく姿は、感動的であろう。

 

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: 松下 耕
声部: SSAA
伴奏: アカペラ
言語: ラテン語 / 日本語(声明)
演奏時間: 7’30”
ページ数: 20