Close

ラシーヌの讃歌

作曲者: Gabriel Fauré/編曲:松下耕

 

作曲者より

ガブリエル・フォーレの「ラシーヌの讃歌」作品11は、1865年に音楽学校の卒業作品として書かれた、初期の傑作である。フランス古典劇作家である、ジャン・ラシーヌ(1639〜1699)の詩(原作はラテン語)に基づいて、神への敬虔な祈りを歌っている。
原曲は混声合唱のための作品であるが、この版は女声合唱のためにアレンジしたものである。女声合唱版はこれまでにもいくつか存在していたし、良い編曲にも出会えていたが、残念ながら私の要求に合致したものを見出すことができなかった。それならば、と、自分で編曲したのがこのヴァージョンである。
同時に、伴奏パートの解析および校訂を行った。
初演は1996年、女声合唱団ブリリアントハーモニーによって行われた。
2006年5月、『合唱表現第16号』に一度掲載されたが、雑誌が休刊されて以降は、この楽譜は入手できない状態が続いていた。今回、改めて校訂を行い、出版に至ることができたことを、大変嬉しく思っている。

製本版とデジタルスコア版(ダウンロード版)の2種類あります。以下でどちらかを選択して下さい。

 

(新型コロナウイルスのため製本版の日本国外への発送は一時中止しております。ご了承ください。)

クリア

説明

作曲者: Gabriel Fauré/編曲:松下耕
声部: SSAA
伴奏: ピアノ
言語: フランス語
演奏時間: 4’30”
ページ数: 16